デコレーション

台所の装飾的な石 - 美しいデザインのための130のデザインオプション

すべての女性が料理の芸術への欲求を持っているわけではありませんが、ほとんどすべての主婦は彼らの願いに華やかなキッチンを持って欲しいと団結しています。アパートや家のこの部分は異なる機能です。一方では、それは家族が居心地の良い雰囲気の中で集まることができる料理のための場所です。他の - 客室、ほとんどの場合、ゲストと知り合いに見せられる。

<>

自家製食品のデザインへの非標準的なアプローチは、個性を強調し、隣人を羨望するでしょう、友達の賞賛。台所の装飾的な石は内部に多様性を持って来るハイライトです。

石で整えられた建物は、常に特権クラスと自給自足の人々の特権であると考えられてきました。人工的で安価な類似体の出現は、その消費者の範囲を大幅に拡大しました。

スタイル、快適さ、実用性、耐久性

なぜ石?

インテリアデザインで長く使用されている、装飾的な石はますますキッチンデザインに含まれています。 魅力的なプロパティは以下のとおりです。

  • 持続可能性この特徴は、食料が絶えず貯蔵され、食料が準備される最も重要な場所の1つを指します。
  • 耐久性この材料で作られたクラッディングは何年もその外観を失うことはありません。しかし、それは再装飾を必要とせず、崩れもせず、そしてひびが入りません。結果として生じる表面は傷や欠けを受けません。
  • 多様性装飾は色と質感の大規模な選択を示唆しています。それを使用すると、あなたはそれをつや消しとエンボス加工する、完全に滑らかで光沢のある表面を得ることができます。それはどんなインテリアにもよく合っていて、そして他の仕上げ材料とうまくいきます。
  • 労働集約的なケアの欠如帯電防止性があるので、ほこりの付着を防ぎます。湿気および攻撃的な環境への抵抗は外観の安全性を恐れないであらゆる手段によってクリーニングをすることを可能にする。
  • 簡単な取り付け装飾的な石に直面することは特別な技術を必要としません。設置は専門家なしで手で行うことができます。資料は不正確を許します。多くの場合、エラーは元の設計ソリューションに当てはまる可能性があります。
  • 普遍性この材料を敷設するときに複雑な準備作業は必要ありません。また、装飾的な石は壁の修理そして不規則性の欠陥を隠すことを可能にする。

それはインテリアデザインで長い間使われてきました

すべてに材料の非引火性、そして高温に耐える能力を加えるべきです。この特性は、直火が存在する部屋では特に重要です。

理事会装飾石を購入するときは、その幾何学的形状、貫通穴がないこと、および5 mmを超える寸法を持つ個々のテクスチャに注意してください。

石の種類

装飾石のすべてのタイプのための共通の特徴はそのユニークさです。各カバーはユニークです。仕上げ作業に使用される材料は、天然および人工起源のものであり得る。

メニューに戻る↑

ナチュラル

この種は自然によって生まれたものです。仕上げ用途のための彼の準備における人間の役割は、石の抽出、選別および必要な形への付与に還元される。この物質は生命エネルギーを持ち、さらに健康を改善すると信じられています。寒さの中では、快適さを生み出し、蓄積された熱を長時間維持し、そして熱の中では、それは冷たさを提供します。 天然石の耐久性は何十年もの間計算されています.

ゼスト、それはさまざまなインテリアを作ります

台所の装飾のために使用される花崗岩、火花と遊びを運ぶ。大理石は内部に緊縮と貴族をもたらします。トラバーチンはキッチンを明るく照らし、気分を良くします。川の小石は涼しさをもたらし、問題から気をそらす。スレートは家庭の快適さの効果を生み出し、そして炉床に似ています、そして砂岩と石灰岩は暖かさを与えます。

台所の装飾として天然の装飾的な石を選ぶとき、それは深刻な経費の準備をする必要があります。

メニューに戻る↑

人工の

このグループに属する仕上げ材は部分的にしか人工的ではありません、なぜならその構成におけるライオンのシェアはパン粉と砂によって代表される同じ天然素材によって占められているからです。

人工的な装飾的な石の特性によると、天然のものとそれほど違いはありません。結合剤である添加剤は環境性能を低下させません、そして場合によっては、それらは私達が材料からより大きい強度と耐摩耗性を達成することを可能にします。それは節約の点で、簡単で自然からの利益です。

インテリアに快適さを加える

メニューに戻る↑

台所の壁

台所の壁を仕上げる役割における石の選択 - 大胆で独創的な決定。珍しい食感、温かみのある色調、他の素材との組み合わせ、無限のデザインオプションから、食料品の受け取りやゆったりとした会話が楽しめる居心地の良い雰囲気が醸し出されます。

それを使えば:

  • すべての壁を完全に黙認する。
  • 片方の壁を仕上げます。
  • しみを作る。

このタイプの仕上げは床面積に関する問題を視覚的に解決することができます。石積みの水平配置、明るい色、対照的な細部の追加により、小さなキッチンのサイズは視覚的に大きくなります。壁の装飾に濃い色を選択し、同時にスポット照明や燭台を使用すると、広々としたダイニングルームのサイズが小さくなり、より快適になります。


理事会石は、それが天然であろうと人工的であろうと、明るい光を許容しません。柔らかくて薄暗い照明だけが、仕上がりの美しさを十分に引き出すことができます。直射日光は一部の仕上げ材の品質に悪影響を及ぼす。

対面は簡単で素早く設置できます。これは広い表面を覆い、装飾に追加の要素を加えるという点で魅力的になります。材料の不均一な質感は、壁の欠陥を隠すのを容易にします。さらに、それは蒸気および湿気に反応しないし、脂肪をはじきそして臭いを吸収しない。 装飾的な石の壁があるので、台所を清潔に保つことはまったく面倒ではありません。

それが石で台所の壁を飾ることになると、大まかな、素朴なスタイルはすぐに現れます。 「国」には石と木の組み合わせがよく反映されています。壁のクラッディングおよび木の家具は調和のとれた集団を形作り、その効果は内部への緑の付加によって高められる。

理事会あなたが部屋を作るとき、トーンの一致に注意を払う:壁の上の光のコーティングは明るい木のキッチンセットと組み合わされています。

このベニアは簡単で素早く取り付けられます。

しかし、カントリーミュージックだけではなく、静かで落ち着いた雰囲気を創り出すことができます。

メニューに戻る↑

壁飾りのバリエーションとスタイル

威厳と記念碑を表示したい場合は、ロマネスク様式に注意を払う必要があります。このオプションは、城の下に飾られたカントリーエステートを飾るのに適しています。

スタイルは、壁だけでなく、床、階段、天井、開口部なども石で仕上げることを意味します。コンクリートを基礎とする人工コンクリートは、装飾材料として最適です。 灰色とベージュ色が優先されるべきです。このコーティングは、天然の生の大理石や花崗岩と見た目が見分けがつきません。

あなたが優雅さと貴族を強調したいならば、英国式を参照してください。 この場合、壁は降ります。

  • 大理石
  • マラカイト
  • 真珠の母。

表面は柔らかい、パステルカラーで作られています:

  • 牛乳
  • ピンク
  • ベージュ
  • コーヒー
親愛なる、洗練された家具はアンサンブル緊縮性、剛性をもたらし、控えめなコントラストでインテリアを多様化します。

威厳と記念碑を表示するのに役立ちます

アンティークスタイルは、明確なプロポーションと正しいジオメトリによって特徴付けられます。石膏ベースの適切な光装飾壁に。何よりも、彼が大理石を模倣するならば。

「モダン」スタイルは、フォームの滑らかさ、角の滑らかさ、水平方向、および内部要素の配置の非対称性に対応しています。仕上げ材の中で、ほとんどの場合、モノクロの黒または白のセラミック花崗岩を選びます。対照的に、開口部と隙間はアクリル石で囲まれています。

"シャレー"のスタイルのキッチンのために木製の要素の数が多いことが特徴です。素朴なバージョンから、このスタイルはより直接的な形と正確さです。同時に、方向は自然との接触を失うことはありません。

壁は色のついたコンクリートで作られています。この場合、石の質感に注目が集まっています。わずかな浮き彫りとわずかに突き出た部分はベニヤをより自然に近づけます。

カントリーハウスのためのスタイリッシュなキッチン

石は現代の素材と調和していないという誤解があります。彼の否定は、滑らかで光沢のある表面を持つ磁器製の石器です。この材料で飾られた壁は、あなたが「ハイテク」、「ロフト」またはミニマリズムのスタイルでインテリアを作成することを可能にします。グレー、ベージュ、ブラックのモノクロカラーは、クロムとプラスチックのインテリアディテールと完璧に調和しています。

台所で装飾的な石を使用するためのまったく独創的な解決策は、壁の1つを仕上げることです。この素材を既存の仕上げに組み入れることの選択肢は、それほど面白くありません。

メニューに戻る↑

台所でエプロン

各台所は調理用のストーブ、洗面台、テーブルを含む重要な作業場です。ほとんどの場合、作業領域は壁の近くに位置していることを考えると、それは壁の外観と完全性に対する本当の脅威です。解決策は、エプロンを取り付けるか取り付けることです。それが作られる材料に対して、特別な要求がなされます。 彼はしなければならない:

  • 耐熱性および耐火性であるため。
  • 湿気やグリースを吸収しないでください。
  • 攻撃的なメディアとの接触に耐える
  • お手入れが簡単です。

この役割における通常の単調なタイルがますます過去のものになりつつあることを考えると、石のキッチンのエプロンは興味深い選択肢になるでしょう。概して、そのような材料は壁を損傷から保護するのに必要な全ての条件を満たす。

そのような保護の否定できない利点は高い審美的な指標です。実用性に加えて、装飾的な石のエプロンは台所の内部に多様性をもたらして、そして独特の風味を作り出します。

何が適用されますか?

その機能のおかげで、すべての人工的な装飾が台所エプロンを作成するためにうまく使われることができるというわけではありません。

保証され、証明された選択肢は磁器です。彼は理想的には滑らかで光沢のある表面を受け取る機会を与えます。焼成はこの材料に耐熱性を与えそして長い耐用年数を与える。水と化学洗剤は彼を恐れていません、そして、多くの種類の裏地がその耐久性を主張することができません。

特定の商品を選択

エプロンで一般的なのは、コンクリートをベースにした石です。砂岩や風化した凝灰岩などを模したプレートを作り出すのに役立ちます。明るいキャッチーな質感が台所で印象的に見えます。

石膏ベースのオプションは最も安いものです。石膏は十分な耐湿性および強度を有していないので、それらの使用は適していない。ラッカーコーティングは水と蒸気に対する一時的な保護のみを提供します。最小のチップはそれを無価値にするでしょう。

アクリルベースの石で作られたエプロンは機械的および温度的負荷によく耐えます。 しかし彼は攻撃的な環境に対する弱い抵抗のために短命です。凝集塊についても同じことが言えます。

ストーブの近くの壁を飾る

装飾的な石のキッチンのためのエプロンの利点は次のとおりです。

  • シームレスデザイン継ぎ目がないと、汚染が蓄積する場所がなくなり、表面の清掃が容易になります。
  • 材料の気孔率が低い。エプロンは湿気から確実に保護されています。
  • 保守性傷の付いたエプロンはサンディングと研磨で素早く修復されます。
  • 高い審美的なパフォーマンス。台所の終わりに対応する材料からのエプロンはあなたがどんなスタイルでも元の、調和した構成を作成するのを可能にします。
  • 耐久性
  • 独立した生産と設置の可能性。

天然素材からのエプロンに関しては、その使用は高いコストによって影を落とされています。

この素材は丈夫です

理事会石でできたエプロンは十分な耐久性と耐摩耗性があると考えられていますが、鉄のブラシ、研磨剤、酸含有物質での清掃は避けるべきです。

おもしろいでしょう。

石の下の室内装飾(215写真):「強い」インテリアの秘密

人造石によるバスルームの装飾:洗面台、カウンタートップ、棚。素材の使い方の特徴

メニューに戻る↑

装飾タイル

人造石で装飾することは野生よりも安いですが、それでもやはりかなり高価な喜びです。このオプションが適切でない場合は、装飾的なタイルがキッチンの内部を自然に近づけるのに役立ちます。

この仕上げ材は成形により得られる。 インテリアで最もよく使われるタイルの基礎は:

  • 石膏
  • コンクリート
  • アクリル。

添加剤は、素材に天然石、レンガなどの質感を与える機会を提供します。タイルは、さまざまな色で製造されているため、デザインの可能性が広がります。 その利点の中で際立っています:

  • 高い審美的なパフォーマンス。
  • 比較的低価格。
  • 軽量
  • インストールの容易さ、処理の容易さ
  • 耐火性
  • 優れた遮音性と遮音性。
  • 環境へのやさしさ
  • 速い洗浄性

人工石のトリムは安いです

これらすべてに、耐湿性と強度を追加することができます。しかしながら、これらのパラメータはタイルの製造に使用される基礎によるものである。

石膏タイルは、簡単にそして費用をかけて割り当てられます。しかしながら、材料の多孔性はそれを高湿度の部屋には不適当にする。もう一つのマイナス点は材料の脆さです。

アクリルベースのタイルは湿気に敏感ではありませんが、敵対的な環境は洗浄剤によって硬くなります。

台所を仕上げるための最良の選択は、コンクリートをベースにした装飾的なタイルです。 それは台所の条件に最適です。

  • 理想的には天然素材を模倣します。
  • 大きなパネルの形と同様に、生産された作品。
  • 湿気、攻撃的な環境にさらされていません。
  • 強くて丈夫。

石膏タイルはその使いやすさとコストで際立っています。

台所にタイルを取り付けるときは、継ぎ目に特別な注意を払う必要があります。そのようなコーティングがどれくらい続くかは、それらの緊密さに依存します。メニューに戻る↑

壁画

目新しさではない、壁紙は常に人気があります。彼らの人気は、天然素材のかなり良い模倣と比較的低い価格に基づいています。壁紙の紛れもない利点は、届きにくい場所にある小さな領域と表面の敷地を仕上げることができることです。

台所のための写真の壁紙を選ぶとき、部屋の詳細を考慮に入れるべきです。 彼らはすべきです:

  • 防水層があります。
  • 環境にやさしい
  • 火災安全基準を遵守する。
  • お手入れが簡単です。

写真の壁紙付きのオプション

機械的損傷が壁を脅かす台所の多くの場所があることを考えると、壁紙の選択は最も耐久性のある選択肢でやめるべきです。作業領域では、写真の壁紙の使用は可能ですが、後者の長寿命を保証するものではありません。

台所のための解決策はビニールの壁紙です。

フォトウォールベースのビニールコンパクトは天然石の風合いを完璧に伝えます。この材料は触り心地がよく、機械的応力から十分に保護されている。この壁紙は直射日光を恐れていません。それらは容易に洗浄され、湿気および攻撃的な環境にさらされず、有意な資源を有し、長期間にわたってパターンの飽和を失うことはない。

台所のための写真の壁紙を選ぶとき、それが作られる材料が無毒であり、真菌に対して扱われていることを確認することが必要です。

それは自然に見えます。

メニューに戻る↑

石と壁紙

台所のさまざまな壁の装飾の中で、最も興味深いのは石と壁紙であると考えられています。

これらの素材はそれぞれその機能を完全に果たしていますが、それでも芸術的な機能には限界があります。 石と壁紙の組み合わせは、デザインのアイデアに無限の可能性を与えます。 この場合の繰り返しは完全に除外されます。結果として得られる各インテリアは壮観で独占的であることが保証されています。

主な利点は次のとおりです。

  • デザインの調和と独創性
  • 無限のバリエーション
  • 尊敬;
  • 高性能
  • インストールの問題はありません。

デザインの調和と独創性

いくつかの素材で部屋を仕上げるときは、スケッチを描き、色を選択し、強調または陰影を付ける必要がある領域をハイライトすることをお勧めします。 材料は、耐湿性を持ち、不快な臭いを吸収しないようにし、高温に耐えるようにし、汚れを取り除きやすくする必要があります。

理事会この実施形態では、あなたは織り目加工の壁紙を使用しないでください、それらの救済は装飾的な石の効果を減らすでしょう。

原則として、壁紙作成は最初に前もって準備された表面上で実行されます。その後、割り当てられたサイトは石で降りる。