デコレーション

和風のアパートのデザイン:あなたの家を落ち着かせます。 220+(写真)別の部屋のインテリア(キッチン、リビングルーム、バスルーム)

和風のアパートはあなたの家の快適さ、静けさと調和を保証します。エキゾチックで控えめな、同時に和風は長年流行していません。それは住宅地だけでなくカフェやホテルでも使われています。このスタイルは、自然との調和と統一、世界を理解することによる自己認識、天然素材の使用に基づいています。記事の後半に詳細があります。

この記事の内容

  • 日本:始まりが始まった
  • スタイル形成
  • フリーレイアウト
  • 今日のインテリア:何か違いはありますか?
  • 和風の基本
  • 自然
  • バルクヘッド
  • 家具を選ぶ際の主な傾向
  • 色の範囲
  • インテリアカラー設定
  • 和風:環境への優しさが一番
  • 障子の仕切り
  • 内なる世界を考えるための家具
  • 江川か伝統的な窓?
  • 壁紙
  • 性別:どのコーティングが良いですか?
  • 天井:フォームとコンテンツ
  • 生地、快適さを生み出す
  • 付属品:アクセントを入れております
  • オリエンタル風味を強調する照明
  • 部屋のインテリア
  • 寝室
  • こども
  • リビングルーム
  • 浴室
  • エントランスホール
  • キッチン
  • ビデオ:とても美しい日本のインテリア
  • 結論
  • フォトギャラリー(220枚以上の写真)
  • 日本:始まりが始まった
  • 和風の基本
  • 和風:環境への優しさが一番
  • 部屋のインテリア
  • 結論
  • フォトギャラリー(220枚以上の写真)
  • 日本:始まりが始まった

    日本のデザインの基礎を深く理解して、私達は東の哲学、私達から遠く離れて住んでいる人々による世界の認識、彼らの伝統と精神を発見します。東洋人にとって、考えと行動は重要ですが、ささいな虚栄心ではありません。これらすべての要求は、和風の装飾が施された住宅に移されます。

    日本のミニマリズムのアパート

    ハーモニーは、家具やアクセサリーの豊富さ、明るい装飾、そして大声で高価なものを必要としません。日本のインテリアは普通のものの単純な美しさ、オブジェクトの配置の順序と正確さです。

    だれがこのスタイルを好みますか?家の中での注文と周囲のインテリアの美しさを理解している思慮深く落ち着いた人々。

    メニューに戻る↑

    スタイル形成

    そのように、日本スタイルの家の装飾は遠いXVI-XVII世紀にさかのぼります。何世紀も経っても、まだ需要があり人気があります。

    あなたがたくさん選ぶことができるアイテムとアクセサリー

    次の要因がその形成に影響を与えました。

    • 頻繁な地震
    • 人々の伝統
    • 少量のミネラル
    • 人口密度の高い日本。
    • 気候

    日本では16世紀以来、趣味と伝統の精神を活かした住宅改善の傾向があります。豪華さはより高い価値への道を譲った。 西日本の土地でのアパートのデザインとそのデザインへの西洋のアプローチは根付いていません。

    スタイルを完全に維持することが重要です。

    国の領土の場所、頻繁な地震と気候の特殊性は彼らのマークを残しました。地震状況が不安定な地域では、破壊後に人々が家を建て直さなければならないことがよくありました。簡単に組み立てられた外壁構造と内部の欠如は建物を簡単に修復することを可能にしました。

    メニューに戻る↑

    フリーレイアウト

    広々とした広さは小さな住居でも感じられるはずです。 空きスペースを経済的に使用するには、少量の家具、特にアクセサリーが必要です。 そこに家の中で通常の形の内壁やドアの古代日本の伝統によると。

    寝室のための日本のビット

    これにより、さまざまな方法でゾーンの割り当てが維持されます。

    • スクリーンと他のパーティション
    • 照明
    • 平らな床など
    メニューに戻る↑

    今日のインテリア:何か違いはありますか?

    数世紀後、朝日の国の家のスタイルはいくつかの変化を遂げました。

    このスタイルはフリーレイアウトです。

    それは世界で起こっている出来事を反映していました:

    • 技術の進歩
    • 第二次世界大戦を含む戦争。
    • 科学の進歩

    これらすべてが、住宅の設計と建設に新たな機会をもたらしました。 コンクリート、野生の石を模した材料、木などが建築に広く使用されるようになりました。

    しかし科学技術の発展でさえも、スタイルの基礎や自然との交わりへの欲求を変えることはできません。

    アパートのためのスタイリッシュなデザイン

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    和風の基本

    今日の民族は非常に人気があり、そして東 - それでもなおさらです。アパートを和風にアレンジすることを決定するときは、基本原則に従うことが望ましいです。

    メニューに戻る↑

    自然

    自然の近さ、彼女への尊敬、そして理解は、日本の家づくりの基礎を成しています。大きな窓や出入り口からは、理想的には美しい庭園、噴水、芝生の景色を眺めることができます。

    都市のアパートの内部では、自然との団結の原則は次のようになっています。

    • 魚のいる水族館。
    • バンサイ
    • 植木鉢の竹。
    • 自然の景色を望む写真。

    竹がよく使われます。

    郊外のスタイリッシュな家の場合は、家だけを配置するのではなく、裏庭を同じ和風でデザインすることもできます。

    バルクヘッド

    部屋間の分離、共用部屋内の個人スペースの分離、およびゾーンの割り当ては、パーティションを使用して実行されます。これを行うには、木材、ライスペーパー、竹を使用してください。

    理事会空き容量が多いほど良いです。

    和風パーティション

    メニューに戻る↑

    家具を選ぶ際の主な傾向

    和風家具は低くするべきです。木の表面は滑らかで簡潔です。これは家具の脚、肘掛け、ヘッドボード、ヒンジ付き棚などに適用されます。

    台所の木製家具

    メニューに戻る↑

    色の範囲

    暖かい絵の具と明るい色のモノクロームの表面は、日本人が以前から好んでいたものです。

    日本のミニマリズム

    日本のインテリアの中で最も人気があり、活発に使用されている色合いは次のとおりです。

    • 白;
    • ベージュ
    • クリーム色
    • 砂など

    黒と赤はどうですか?これらの色は原色として内部に導入されることはありません。彼らは強調と選択のために必要です。

    主に日陰を使用

    メニューに戻る↑

    インテリアカラー設定

    日本の伝統の特徴である特徴的なスタイルは、三原色で強調されています。

    • 赤。

    無意味な色合いや「大混乱をもたらす」曖昧な組み合わせはあり得ません。 調和のとれた日本のインテリアは明快さと秩序です。それでも - それは、天然の素材と自然な色調の表面と鮮やかな透明色の組み合わせです。

    各色は全体的な雰囲気のために機能します。

    日本のインテリアの赤は男らしさと強さを表し、白は自然さと自然さを際立たせています。濃い色はインテリアデザインではあまり一般的ではありません。

    日本のインテリアデザインの基礎は、常にベージュから乳白色の範囲の明るく柔らかな色合いで構成されています。 あまり一般的ではありません:

    • 青みがかったグレーの色調。
    • 桜の色合い
    • グリーン

    すべて同調、すべて同じ色

    使用される色合いはすべて自然そのものから引き出された自然な色であるべきです。不自然・酸性の花を使わずに↑メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    和風:環境への優しさが一番

    和風特有の簡潔さとミニマリズムは、天然素材の使用に基づいています。前世紀には、容易に入手可能な材料だけが彼らの家を飾るために使用されていました。

    これには以下が含まれます。

    • つや消し
    • 竹;
    • 石で作られたタイル。
    • 葦;
    • 木。
    • ライスペーパー
    • 天然シルク

    素材の美しい組み合わせ

    現在のところ、配置規則はそれほど厳密ではありません。しかし、合成材料の使用も制限されています。私たちはリノリウム、プラスチックなどについて話しています。

    しかし、人工的な材料は日本のインテリアのデザインの下で完全に禁止されています。.

    理事会例えば天然木を使用することが不可能である場合、それは高品質のラミネートと交換することができる。天然石を模造品に、天然シルクをそれに非常によく似た布に置き換える場合も、同様のアプローチが必要です。

    天然木のデザイン

    メニューに戻る↑

    障子の仕切り

    和風の部屋間の仕切りは、アパートに独創性を与え、デザインの焦点を強調します。 彼らはライスペーパーや竹から作られているように、彼らは移動性と軽量です。

    そのような一見奇妙で非実用的なアプローチは、実際には歴史的に実用的な理論的根拠を持っています。日が昇る地での頻繁な地震は、困難な状況にも容易に耐えられる家を建てるよう日本人に教えました。そして必要ならば、それらは簡単に取り替えることさえできます。

    現在、盲目的にこれらの伝統に従うことは必要ではありません。メーカーはより実用的なモデルを提供します:和柄のコンパートメントドア、パネルのマッチングプリントなど

    さくら模様のスライド式ワードローブ

    スクリーン - オプションの、しかし現代的な日本のデザインの非常にスタイリッシュな要素。あなたが部屋のいずれかのゾーンを柵で囲む必要があるならば、彼らはより良い代替品を見つけることができません。

    メニューに戻る↑

    内なる世界を考えるための家具

    あなたはリラックスして家で休みたいですか?落ち着いて楽しんでください?日本のデザインは、都会の喧騒、騒音に貢献し、関係を明確にしています。

    東部デザインの解釈における自然と土地への近さは、天然素材から作られた堅実な家具の使用を含みます。 スクワットオブジェクトは安定した、短くて強い足と単純な形を持つべきです。

    インテリアの高いキャビネットはできません。はい、そして家具自体は多すぎてはいけません。

    たくさんの家具がここにあってはいけません

    木材は製造のための典型的な材料です。 貴重な品種は針で置き換えることができます。すべての家具が非常に高価であっても、それについて「叫ぶ」べきではありません。質の高いものを愛する人は、物事が単純ではないことを常に理解することができます。もう一つの特徴は木彫りやプラスチック製のインサートがないことです。

    和風のアパートをデザインするための家具の入手は、2つの方法で行うことができます。

    • 本物の日本の物語。
    • 現在市場に出ているコレクション。

    家具の付属品もキャッチーではいけません。。非常に慎重に作られた鍛造品は、基材の質感を強調するための手段として許容されます。

    アンティークなものは和風のインテリアのハイライトになることができます。

    厳格な日本のデザインでなければどんなインテリアができませんか?

    低い足のベッドなしではできません

    それらの中にあるべきです:

    • 脚の低いベッド(マットレスに交換可能)
    • 伝統的なお茶会のためのスクワットテーブル。
    • テーブル近くの特別なマットまたは枕。
    • 引き戸などのワードローブ
    メニューに戻る↑

    江川か伝統的な窓?

    当初、日本の家には「Engawa」と呼ばれる特別な小屋が設置されていました。そのような建造物は雨の流れから保護し、明るすぎる日光から遮光されています。

    たくさんのウィンドウがあるはずです

    東の伝統によれば、たくさんの窓があるはずです。和風のインテリアの家のカーテンとして、長方形の布が使われています。多分彼らは彼らに制御のための電気駆動装置を装備させる。

    カーテンキャンバスへのプリントは、和風の規範に厳密に従うべきです。

    • さくらの枝
    • たけのこ
    • 明るい鳥
    • 日本の風景
    • 象形文字。
    • ファン
    • 伝統的な服装の芸者。

    ロールバックとローマンブラインドのシェーディングに。より平らで控えめなカーテン、より正確なスタイル。

    遮光カーテン

    フリルのカーテン、飾り布、複雑なアクセサリーは和風では使用されていません。

    日本のインテリアの壁や他の面のデザインでは、天然素材を使用するという規則に従うことが重要です。複数の素材の組み合わせが印象的です。何を選ぶ?

    そのような材料は適しています:

    • しっくい
    • 紙の壁紙。
    • サイザル;
    • 籐;
    • 樹木

    壁の装飾用の石

    家の日本のデザインの家具はとても小さくて低いです。壁の材質を選択するときは、その数と位置を考慮する必要があります。

    理事会壁の絵はそれほど多くないはずですメニューに戻る↑

    壁紙

    アパートの内部の壁紙の東洋のモチーフは部屋全体の認識に影響を与えます。それらは家具のための背景であり、必要なアクセントを作り出しそして信憑性を強調する。

    ほとんどの場合、壁紙(および壁紙)は寝室のデザインに使用されます。パステルカラーの明るくて中立的な背景を選択することをお勧めします。デザインの独創性を強調するためにコンパニオンが追加されています。

    壁の壁画壁の壁画

    壁紙は他の天然素材と組み合わせることができます。

    • 木。
    • 竹など

    無地の壁紙が好ましい場合には、それらの壁の1つを、例えば桜の木の枝の写真付きの写真壁紙で装飾することができる。このような壁紙は、写真、富士山の景色、またはその他の日本の典型的な風景の効果を生み出すことができます。

    典型的な日本の風景

    壁の国のモチーフはインテリアのスタイルを強調して、独特で独特のメモを作ります。これにより、他のインテリアとは異なるインテリアを作成できます。

    おもしろいでしょう。

    アメリカンスタイルの控えめな優雅さ:アパート(リビングルーム、ベッドルーム、キッチン)のデザインを選択する

    アールデコ調のインテリア:リビングルーム、キッチン、ベッドルームに195以上の(写真)デザイン。あなたの人生を変える家具

    アパートの内部のモダンなスタイル(185枚以上の写真) - 洗練されたデザインの豪華なシンプルさ

    内部のレトロなスタイル(130枚以上の写真) - 彼らは知りたがっていたが、デザインについて尋ねるのを恐れていた

    カントリーハウスのインテリアでシンプルで多面的なカントリースタイル。ナチュラルデザインとシンプルさの200枚以上の写真

    日本で作られた壁紙

    別に、日本で製造された壁紙について言及するべきです。天然素材に基づいて作成された、彼らは健康への脅威をもたらすことはありません。 それらのための原料は以下のとおりです。竹、ジュートなど

    厳格な品質管理と産業で作成された、これらの壁紙は高強度、優れた弾力性と長寿命を持っています。

    竹と日本のエキゾチック

    美学に加えて、これらの壁紙は他の有用な特性を持っています。

    • 壁からのホルムアルデヒドの蒸発の可能性をブロックする。
    • タバコの匂いの広がりをなくします。
    • ユニバーサルデザイン。
    • 難治性;
    • 遮音性を良くする。
    • 壁の傷を隠すことができます。
    • 環境にやさしい。
    • 丈夫です。
    • 抗真菌性を持っています。
    そのような仕上げ材料のコストは、天然原料の使用および技術的プロセスの複雑さのためにかなり高い。さらに、ほとんどのコレクションは手動の方法に基づいています。

    竹は丈夫で抗真菌性です

    メニューに戻る↑

    性別:どのコーティングが良いですか?

    昔はそのような材料はフローリングに使用されていました。

    • 石のタイル
    • 木。
    • 小石

    慰めおよび便利は糸、棒または他の自然な材料から成っている敷物によって作成されます。

    床は木材がよく使われます

    現時点では、材料の選択はより広いです:

    • セラミックタイル
    • 寄木張りの床
    • ラミネートフローリング
    • 天然木
    • バルクフロア
    実際のツリーの代わりに模造品を使用する場合は、テクスチャに下線を引いて強調表示する必要があります。そして、どんなコーティングが選ばれても、それはつや消し仕上げを作り出すべきです。

    あなたはしばしば本物の木の模造品を見つけることができます

    ゾーニングはコーティングを用いて実施することができる。また、これらの目的のためにマルチレベル構造が使用されています。

    メニューに戻る↑

    天井:フォームとコンテンツ

    その形の和風の天井は一般的な方向に対応する必要があります。明確な形(三角形、長方形)は、色、素材、デザインによって強調されています。

    この場合の仕上げは重要な役割を果たします。木の梁、絵画、パネルなどが活躍できます。

    天井のデザインにおける重要な役割

    理事会天井のデザインの助けを借りて、それは有機的に特定のゾーンを区別することが判明しました。これには、異なるレベルのマルチレベルの組織やデザインを適用することができます。メニューに戻る↑

    生地、快適さを生み出す

    デザインのテキスタイルも同じ基本的な規則、自然さと単純さに従うべきです。日本のインテリアでは、窓の上、テーブルのそばに座るため、寝室の中、休憩所のため、スクリーンのために必要です。

    最も好ましい材料のうち:

    • シルク
    • 亜麻;
    • コットン
    • 混合布

    日本の織物はとても豊かで美しいです。

    プリントは描くことができます:

    • 桜の木の枝
    • 象形文字。
    • 動物;
    • 富士山など
    メニューに戻る↑

    付属品:アクセントを入れております

    日本のインテリアは調和のとれた組織空間です。部屋のデザインはバランスが取れていて調整されているべきです。装飾的な要素はすべて主な背景と対比して対比する必要がありますが、慎重に検討してください。

    私達はすべての付属品を注意深く考えます。

    和風のアクセントは、次の要素を使って作成できます。

    • 焼き物
    • 絵画
    • 咲く蘭。
    • 日本の提灯
    • 生け花
    • 全国のファン
    • 盆栽。
    • スタイリッシュなスクリーン。
    • 装飾的な枕。
    • 小箱
    • 仏像

    盆栽は人気のあるデザイン要素です。

    メニューに戻る↑

    オリエンタル風味を強調する照明

    日本の家庭の照明は特に注意を払っています。光は拡散されなければならず、各部屋のいくつかの光源から発せられます。ランプは竹製またはライスペーパー製のランプを使用できます。

    光源の位置を計画することで、必要なゾーンを強調して部屋の印象を変えることができます。特に重要なのは、壁のないワンルームマンションの淡いアクセントです。

    高級リビングルーム用ランプ

    重い天井のシャンデリアは適用されません。これは地震の不安定な地域における地震の伝統と危険性によるものです。メニューに戻る↑メニューに戻る

    部屋のインテリア

    各部屋のインテリアをもっと詳しく考えてみましょう。何をどのように使うのが最善か、そして何が本当に必要ではないか。

    メニューに戻る↑

    寝室

    和風のラウンジは有機的で独創的な解決策です。材料と家具の選択は、支配的な色を決定することから始まります。それに加えて、それはいくつかの調和のとれた組み合わせの色合いを選択することが可能になります。

    理事会寝室が非常に狭いエリアであるならば、その時床は(例えば漂白された木から)白くされるのが最善です。このテクニックは視覚的にスペースを広げるでしょう。

    ベッドルーム - 調和的に要素を組み合わせる

    寝室のためにこれらの色に合うでしょう:

    • グレー。
    • クリーム
    • 白;
    • 黒 - 少ない。

    柔らかい拡散光は、紙、すりガラス、布製のランプシェードを使用して作成されます。

    寝室用の明るい色

    寝室のデザインは、次の推奨事項に従うことができます。

    • エスニックプリントの壁紙(竹を含む)と写真の壁紙を使用します。
    • 木製パネル
    • 壁には無地の生地。
    • ミニマルなベッドサイドテーブル。
    • 必要な家具のみを配置。それ以上何もない。
    • 引き戸付きワードローブ。
    • 下部と上部の重み付けによってその形状が強調されているスクリーンカーテン。
    • 吊り天井、すりガラスのインサートが可能で、美しい「月の空」の効果を生み出します。
    • 作り付けのライト。

    ベッドサイドテーブル

    表現力と簡潔さが部屋のアクセサリーに付いています。 それらは多くてはいけません。これらは絵画、壁のファン、鉢の盆栽、民族衣装の人形などです。象形文字や赤い枕の付いたベッドカバーを使用する場合は、ベッドのデザインを強調することができます。

    理事会寝室が独立した部屋ではない場合は、画面を使用して選択できます。

    こども

    和風は淡い色を好み、子供部屋を作るときにはプラスです。自然な色合いと自然な素材は、スタイルを強調するだけでなく、環境に優しい健康的なインテリアを作成することもできます。

    薄い色合いを追加

    落ち着いた色調の単色の壁には、日本のおとぎ話のキャラクターの写真の壁紙や東部の自然の景色を飾ることができます。女の子のために、あなたは咲くさくら、バラをむく、繊細な花でプリントを拾うことができます。

    そのような原則に従いながら、家具の選択は実行するのが望ましいです。

    • 快適で快適なベッド、部屋の中央部に配置するのが望ましいです。
    • 職場は機能的で明るくなければなりません。
    • スクリーン - レクリエーションエリアをゲームから切り離す。
    • 作り付けとして整理することができるコンパートメントドアが付いているワードローブ。
    • 棚は木製ですが、十分に軽いです。

    家具を選ぶ、私たちは基本原則を守ります

    アクセサリーは子供の性別や年齢によって異なります。 天然素材でできていてスタイルを重視している人には、国民の人形、置物などが優先されるべきです。

    メニューに戻る↑

    リビングルーム

    この部屋は家の中心にあり、家族をリラックスさせ、社交するためだけでなく、友達やビジネスパートナーとの出会いのためにも設計されています。 したがって、設計はすべての詳細を考慮に入れる必要があります。最低限の物と珍しいスタイルの清潔で明るい部屋は、ゲストを無関心にさせることはありません。

    居間には他の部屋よりも黒い色が多く存在することがあります。彩度の高い濃い色がしっかりして見え、価値を高めます。しかし、濃い色のリビングルームでも多すぎてはいけません。

    細部にわたるスタイルの重要性を強調しています。

    自然光がまだ優勢:

    • ベージュトーン
    • 白;
    • アイボリーカラー。
    • 木の自然な色合い。
    • グレー
    尊敬を強調するためには、それらの模造品よりも天然素材を優先するべきです。

    仕上げには天然素材を選ぶのが良い

    ワンルームマンションの場合、リビングルームエリアは