壁の装飾

石膏タイルの室内装飾用:160以上の写真(石の下、レンガの下)

石膏のタイルやパネルは、壁や天井の内装用のクラッディングとして使用されます。装飾的な要素として使用されます。石膏粉末と水との組み合わせは非常に高い柔軟性を有し、ほとんどあらゆる形状の美しく審美的に魅力的な表面の形成を支持する。材料は、よく成形されているだけでなく、成形や他の装飾にも使用されます。特性、設置の原則、材料 - すべては記事の後半で詳しく説明されています。

この記事の内容

  • 石膏タイルからの製品の特徴
  • 石膏は他の表面とどう違うのですか?
  • プロパティ
  • 石膏の壁
  • 3Dアクセント壁
  • 彼らは何ですか?
  • コーティングの質感
  • 吊り天井
  • 主な機能
  • 設置の原則
  • ウォールプレート
  • 材料
  • 石膏の利点
  • ビデオ:石膏石をどのように敷設して塗るか?
  • 結論
  • フォトギャラリー(160枚以上の写真)
  • 石膏タイルからの製品の特徴
  • 石膏の壁
  • 3Dアクセント壁
  • 吊り天井
  • ウォールプレート
  • 石膏の利点
  • 結論
  • フォトギャラリー(160枚以上の写真)
  • 石膏タイルからの製品の特徴

    石膏は、広く使用されている建築材料の1つとして機能します。壁、天井、漆喰の表面材として、主にインテリアデザインに使用されます。 装飾の詳細はそれで作られています:

    • シャンデリアの下のソケット。
    • 内部コーニス
    • 天井フレーミング
    • 装飾的な柱など。

    石膏タイルはインテリアで常に美しく見えます

    別のプラスターがプラスターを模倣するのに使用されています。乾式壁などの組立単位としても製造されます。

    石膏は、地球の地殻にある、白から灰色までの色の鉱物です。化学的には、大静脈からの抽出によって得られる硫酸カルシウム水和物(CaSO 4・2H 2 O)として知られています。 室内装飾のために、一般的にアラバスターと呼ばれる石膏の半透明の石が使われます、それはどんな彫刻の形にも適しています。 その自然の状態では、それは約30%の結合水で構成されています。この水は白色粉末が得られるまで連続加熱により抽出される。

    それはデザインにおいて多くの利点を持っています。

    石膏タイルおよび他の石膏材料の製造のために、この石膏は原料として抽出される。。いわゆる合成石膏はそれから作られています。これを行うには、カルシウムと水の組み合わせからなる湿った石灰石を硫酸塩と組み合わせて使用​​し、硫酸カルシウムを形成します。

    メニューに戻る↑

    石膏は他の表面とどう違うのですか?

    彼の資質の中でユニークな、特に、これらは以下のとおりです。

    • 異臭がなく、完全に安全です。
    • 自然界で広く利用可能。
    • 快適で審美的な材料。
    • インストールが簡単です。
    • 耐火性
    • 耐久性
    • 断熱材
    • 耐熱性

    この材料は難燃性で耐久性があります

    現在、デザインの内外の特徴の大部分は、主に石膏構造または石膏成形によって支配されていますが、この材料に対する需要は、作業時間の短縮、作業コストの削減という別の要因によるものです。時間が経つにつれて、石膏製品は、耐火性の向上、遮音のための音響特性など、ますます高度な特性となる。

    石膏タイル - 取り付けが簡単

    メニューに戻る↑

    プロパティ

    耐火性

    それは自然の耐火性を持ち、火の広がりを防ぎます。この特性は、石膏製品に存在する水の存在によるものです。たとえば、厚さ15 mmの石膏タイルには、ほぼ3リットルの結晶水が含まれています。 火が水に近づくと、水が蒸発し、その結果、石膏製品を覆う保護層が生じる。 この特性は他の材料からの火の広がりを止めるのを助けるでしょう。

    優れたノイズ遮断

    不燃性

    説明したように、石膏製品の加熱は、石膏材料中に存在する水結晶の加熱をもたらす。この熱によるプラスターの脱水はか焼と呼ばれます。焼成は、それが燃焼するのを防ぎ、それに隣接する材料がより低くより安全な温度を維持することを可能にするコーティングの形成をもたらす。

    水の結晶が完全にか焼された後でも、残留物はそれが破壊されるまで絶縁層として振る舞うであろう。石膏は、石膏製品の量にもよりますが、数時間にわたって火の広がりを止めることができるので、優れた防火剤と見なされています。

    無臭

    音響学

    石膏製品は、同じ厚さであれば、石造りよりはるかに効率的な遮音特性で有名です。石膏は、ノイズを減らし、残響を防ぐように特別に設計されています。 2つの漆喰壁の間のスペースは、より高い音響特性をもたらし、ノイズの通過を制限します。たとえば、厚さ110 mmのレンガの壁の代わりに、厚さ75 mmの石膏プレートを取り付けて同じサウンドパフォーマンスを実現できます。

    あなたは任意のスタイルを選ぶことができます

    耐熱性

    石膏構造によって生み出される熱特性は、室内の湿度と温度の良好なバランスを保証します。乾式壁または型枠などの空洞を含む石膏構造は、さらなる断熱特性を提供する。

    防湿層

    石膏ボードをインテリアデザインに使用すると、室内の湿気を防ぐことができます。

    どの部屋でも

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    石膏の壁

    石膏壁は、あらゆる種類の屋内環境に適した耐久性のある塗装面です。 この材料は揮発性有機化合物(VOC)を含んでいません。 構造的な多様性により、家庭や職場の雰囲気、トーン、ムードがよく形成されます。

    石膏の壁のタイルはCNCの製造工程を使用して事実上あらゆる設計、パターンまたは質のために作られています。彼らはどんな装飾ともマッチすることができます。デザインは、リラックスしたリビングルームやオフィスのビジネス環境にとってよりダイナミックなものになるでしょう。それは穏やかな、活気のある、高級な、または流行することができます。

    いろいろな材料があなたを驚かせるでしょう

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    3Dアクセント壁

    これは、ファッションデザイナーがすでに採用している家やアパートを装飾するための巧妙な方法ではありません。 立体的な壁パネルは、ほとんどすべての住宅用または商業用の環境を補完し、カラフルなリビングスペースを作り出すのに役立ちます。 これは現代の、シンプルで経済的な装飾材料であり、インテリアに合わせて任意の色で塗ることができます。

    それらはアクセントの壁、テレビのための背景の壁、寝室、子供部屋、オフィス、レストラン、娯楽施設を作るのに使われることができる。

    壁に3 dパネル

    メニューに戻る↑

    彼らは何ですか?

    内部に立体的な仕上がりを提供する複雑な単一パターンを有するこのエンボス加工複合タイルは、平方メートルで販売されています。各部分のサイズは約60/60 cmですが、他の形式も可能です。 設計原則は接合箇所および継ぎ目なしで滑らかなモノリシック表面を与えることです、従って、あらゆる細部は次に合うためになされます。

    デザイナーは、この新しくてなじみのない素材を気に入って、アクセントの壁でそれらを飾ることを提案します。それがそれが部屋の中心的な焦点として有利に際立っているように。しかしいくつかはすべての壁か天井を覆うのにタイルを使用する。

    壁だけでなく天井も覆うことができます

    メニューに戻る↑

    コーティングの質感

    あなたは、繰り返しの幾何学模様を選ぶことも、自分でスケッチを描くこともできます - このため、石膏を基にしたバルク壁の個人的なプロジェクトを実現することを可能にする非常に高度な技術がすでにあります。

    最も頻度の高いパターンは、選択された波、ハニカム、円、ピット、月、波紋です。 あなたはレンガの壁と他の表面の非常に現実的な模倣を得ることができます。

    材料はあらゆる色で塗ることができます。すなわち、あなたはあなたの壁の形だけでなく、あなたが望む色合いにその色の範囲を選ぶ。そのような壁を何度も塗り直すことも可能です。 それらはまた、例えば、クレクレアまたは緑青の技術において、人工的に老化させることもできる。

    さまざまなパターンがあります

    このようなパネルの取り付けは、独立して行うことができます。。接合部はミクロンの精度で作られているので、すべての部品はタイルの目に見える境界なしで、1つの素晴らしいパターンに組み立てられます。 一つの大きな継ぎ目のない織り目加工の壁を作成するには、へらでタイルの裏面に塗布されてからインストールされている接着剤を適用します。

    タイルの最後には、パテの薄い層があります。シートを接合するとき、パネル間の継ぎ目をシールするために使用される追加の締結要素が現れる。続いて、継ぎ目は擦られてモノリシック表面を得る。

    このようなパネルの取り付けは、独立して行うことができます。

    そのため、段階的に、三次元石膏パネルを壁全体に接着します。あなたがシートをカットする必要があるならば、それは普通ののこぎりでするのが簡単です。材料は非常に壊れやすいので、それを扱う際には注意が必要です。落下から保護します。

    したがって、あなたのインテリアのデザイナーの壁はプロのデコレータの参加なしで得ることができます。 壁に彫刻のパネルを追加して、テクスチャを飾り付けます。家庭用塗料、色合いまたは既存の装飾とのコントラストを使用して、任意の色であなたの三次元の壁を塗装してください。

    波 - 非常に人気のあるパターン

    理事会彫刻効果を最大限に活用するには、壁を上または下から照らしてみてください。これが、3D効果と質感のある表面を強調する方法です。

    おもしろいでしょう。

    インテリアのレンガの壁 - あなたの家を変える壮観な方法(260枚以上の写真)。居間、台所、寝室の組み合わせ

    壁用PVCパネル:インテリア用(キッチン、バスルーム、廊下用)235+(写真)

    装飾石膏「樹皮」:家のための壁仕上げ技術(160枚以上の写真)

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    吊り天井

    現代の吊り天井システムは、1960年代からそれほど変わっていません。それは、商業用および住宅用建物の設計に使用される天井の最も一般的なタイプです。 それは、低コスト、柔軟性、迅速な設置、音響特性、照明および機械システムへの適合性、ならびに換気室への容易なアクセスのための多くの長所を有する。

    概して、それらは、あなたの頭上の空間をきれいにして一体的に見せる空気ダクトやパイプラインなどの機械システムを隠すために使用されていました。今日、石膏天井システムの利点にもかかわらず、天井が開放される傾向は、特に商業用インテリアではより一般的です。

    天井がよく見える

    天井にデザイン要素を追加すると、空間の全体的な雰囲気に大きな影響を与え、開放感、プライバシー、親密さ、あるいはエネルギーさえも生み出す可能性があることが研究によって示されています。 さらに、天井のライフサイクルとオープンスタイルを比較した研究では、初期設置コストは吊り天井システムでは高くなりますが、エネルギーおよびメンテナンスコストはオープン構造よりも低くなることがわかりました。

    石膏天井タイルを使用した吊り天井システムは、デザイナーや建築家が室内装飾に印象を与えたり視覚的に興味を持ったりするだけでなく、パフォーマンス、安全性、そして全体的な外観の問題を解決する大きな機会を提供します。


    メニューに戻る↑

    主な機能

    石膏天井は、あらゆる種類のパイプ、断熱材、暖房器具、照明器具を簡単に設置するための高さ調節可能なタイル、パネルまたはブロックの天井構造です。 また、以下のような特別な建設要件にも容易に対応できます。

    • 丸い天井
    • ドーム
    • 傾斜した天井
    • 埋め込み照明など

    インテリアの漆喰の装飾

    それらはメインの天井に取り付けられている二次構造です。 それは、優れた吸音性、耐火性、経済性を備えた、塗装の準備ができている、軽量の複合独立設計である。 さらに、前面にプラスチックコーティングを施し、背面にアルミニウムコーティングを施したプラスターシーリングタイルは、耐久性と耐摩耗性があります。彼女はまた普通の家庭用洗剤を洗う。それは良い遮音性、撥水性と直射日光の下で衰退しない塗装を提供します。

    石膏天井デザイン

    繰り返しモジュール(パネル、プレート、ブロック)は、必要に応じて切り取られるあらゆる形状に適しています。 このような天井は室内の空気の質を向上させ、取り扱いや設置が容易になります。

    メニューに戻る↑

    設置の原則

    吊り天井はメインの天井よりも少し低く、シャンデリアからすべてのワイヤを隠すことができ、効果的にポイント、埋め込み型の照明を配置できます。取り付けはフレームシステムの原理に基づいています。フレームを取り付けた後は、配線作業を行い、将来の照明を対応する配線の出力に接続する必要があります。

    取り付けはフレームシステムの原理に基づいています。

    フレームは、どのタイプのアーキテクチャとデザインが必要かに応じて、正方形または長方形の分割で構成されます。。時々天井タイルは標準外または円形の照明設備を握るために整えられる。他の場合には、照明器具の代わりにタイルを使用する必要はないかもしれません。 3番目のケースでは、シャンデリア用の石膏の特別な天井のコンセントを購入します。 器具をどのように配置するかを選ぶとき、ほとんどのデザイナーは特定の必要性によって導かれます。

    この材料の多くの利点の1つはそれが新しいか運営されている建物にそれが取付けられている簡単さである。フレームへの取り付けは、音響特性や絶縁特性を損なうことなく、非常に短時間で行われます。

    お手入れが簡単。

    ほとんどのタイルは特別な切断用具を必要としないし、さまざまなタイプの接着剤および取付け方法と互換性があります。 さらに、多くの製品には、取り付け中の保護を強化するための取り外し可能な層が提供されています。

    天井は劇的にインテリアを変えることができます。

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    ウォールプレート

    任意のベースは装飾的なタイルを敷設するのに適しています。一連のパネルまたはタイルを連続したパターンで組み合わせます。シームレスパターンは垂直または水平に配置することができ、これは説明に反映されています。取り付けが完了したら、パネル間の隙間は目立ちません。 wallboardをインストールする際に考慮すべきこと:

    • 必要に応じて、タイルを別の挿入物、装飾として使用します。必ずしも壁全体ではなく、一定のスペースで埋めます。インスタレーションのサイズはあなたの想像力と部屋の能力によってのみ制限されます。
    • そのきめの細かい構造がよく吸収して色を伝えるので、表面を塗ることはタイルの能力を最大にします。
    • 取り付けのために各パネルを慎重に開梱し、環境の温度と湿度に順応させて、希望の効果が得られるように塗装用に準備します。
    • または塗装済みの壁パネルを注文する。工場や企業では、製品はプロ用に任意の色で塗装されます。これには水性メタリック塗料の美しいメタリックシェードを含みます。ただし、シームレスにインストールする必要がある場合は、プレペイントは適していません。時間と労力を節約することが重要な場合にのみ、この方法を選択してください。塗られたパネルは気分および大気を完全に反映し、そして地形の高レベルの部屋のために特に適している。

    ウォールボードオプション

    あなたが存在するものから何らかの行動をとる必要があるならば、正しい質感と色で、刺激効果は増加します:

    • 商業施設での購入または協力を決定する。
    • キッチンでたくさん食べてもいいですし(食欲を増すには赤いペンキを選び、体重を減らす人には青が適しています)。
    • 創造性とパフォーマンスを向上させます。

    自宅では、より活発で活気のある部屋、忙しくない部屋、リラックスしてリラックスできる部屋にすることができます。

    白い色は部屋をより広くします。

    色はどのデザインスキームにとっても重要です。赤や黄色などの鮮やかな色はエネルギーを増し、青、緑などのより冷たい色は心を落ち着かせる効果を生み出します。。グレー、ホワイト、ブラック、ブラウンの多様性は他の色の追加で効果を作成するための柔軟性を提供します。

    メニューに戻る↑

    材料

    石膏パネルは、中密度繊維板(再生木材製)と磁器プラスターで構成されています。石膏と石膏は石膏と石膏でよく使われます。 家の室内装飾のためのパネルやスラブに使用される石膏の等級は、通常、アラバスター、細粒白/わずかに色付けされたプラスター材です。 それは彫刻のために使用される柔軟な材料であり、あらゆるタイプの塗料または質感で処理されます。

    石膏タイルを使用するためのオプション

     

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    石膏の利点

    まとめると、いくつかの長所を挙げます。

    • 継ぎ目だけでなく石膏でも簡単にマスキングされるひびや欠けのない滑らかな表面を提供します。
    • バックライトを使うと、音量効果を上げることができます。
    • 室内の空気の循環材料の自然な起源は部屋の気候そして湿気を調整する自然な機能を提供する。
    • 美的および機能的な優れた機能を提供します。
    • 低価格のために、あなたも合理的な価格でデザイナーとプロのプロジェクトを作ることができます。
    • 多くの素晴らしいデザインオプション
    • 簡単なインストール
    • 石膏プラスターは、塗料を使用せずに最終仕上げとして使用することができます。白仕上げはきれいな外観を与えます。
    アパートのインテリア、インテリアデザイン。

    メニューに戻る↑

    ビデオ:石膏石をどのように敷設して塗るか?