デコレーション

ゾーニングルームからベッドルーム、リビングルームまで:195+例

Pin
Send
Share
Send
Send


部屋をベッドルームとリビングルームに分割することは、広い部屋のスペースを分割する方法です。 1つの部屋に寝室と居間の機能を組み合わせることは、かなり一般的な状況です。小さなマンションやワンルームマンションをアレンジするときに発展します。機能的で魅力的なインテリアを作成することは簡単な仕事ではありませんが、それはかなり実行可能です。一緒に試してみて、絶対に好きなオプションを選択してみましょう。

この記事の内容:

  • 共通スペースは良いですか、悪いですか?
  • ゾーニングアプローチ - 最適なものの選択
  • 多機能家具の使用
  • ゾーニングのための手段 - 仕上げ材
  • 軽量パーティションをインストールします。修理の有無にかかわらず?
  • 繊維 - 予算の選択肢の一つ
  • 壁:コントラスト
  • 天井、ゾーンの割り当ての問題を解決
  • 区切りとしての内閣:賛否両論
  • 仕切り:空間の認識を変える
  • 引き戸 - それはどのくらい快適ですか?
  • カーテン - 予算の選択肢
  • 小さな部屋に複数のゾーンがあります:不可能は可能です
  • 高い天井:この利点をどのように使用するのですか?
  • 色分解は簡単ですか、それとも難しいですか。
  • ベッドやソファ?
  • 追加領域としてのロッジア
  • 家具の配置:間違いを避ける方法
  • 宇宙の組織化への提言
  • ビデオ:一部屋に居間と寝室がある場合
  • 結論
  • フォトギャラリー(195枚以上の写真)
  • 共通スペースは良いですか、悪いですか?
  • ゾーニングアプローチ - 最適なものの選択
  • 壁:コントラスト
  • 天井、ゾーンの割り当ての問題を解決
  • 区切りとしての内閣:賛否両論
  • 仕切り:空間の認識を変える
  • 引き戸 - それはどのくらい快適ですか?
  • カーテン - 予算の選択肢
  • 小さな部屋に複数のゾーンがあります:不可能は可能です
  • 高い天井:この利点をどのように使用するのですか?
  • 色分解は簡単ですか、それとも難しいですか。
  • ベッドやソファ?
  • 追加領域としてのロッジア
  • 家具の配置:間違いを避ける方法
  • 宇宙の組織化への提言
  • 結論
  • フォトギャラリー(195枚以上の写真)
  • 共通スペースは良いですか、悪いですか?

    いくつかの機能を組み合わせた部屋には、言及する必要がある長所と短所があります。

    単一のスペースの利点には、次のような瞬間があります。

    • 面白いオリジナルのレイアウトを作成する可能性。
    • 小さな正方形でもパーソナルスペースの割り当て。
    • 実用性の余地を追加します。

    負のモーメントも発生します。

    • 寝室の遮音を組織する可能性はありません。
    • 寝室は親密さを提供していません。

    部屋をゾーニングするときにすべてを考慮する

    ほとんどの場合、複数の機能を組み合わせた部屋は、ミニマリストスタイルまたはモダンスタイルで実行されます。堅実な古典主義は直角で控えめな部屋が提供することができるより多くのスペースを必要とします。インテリアに過負荷をかけないように、控えめな装飾と同様に、ラコニックの家具が選択されています。

    部屋の中を過負荷にしないでください

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    ゾーニングアプローチ - 最適なものの選択

    いくつかの異なる機能ゾーンを組み合わせることは魅力的なプロセスです。スペースは快適であるだけでなくスタイリッシュであるべきであるという事実から進む必要があります。これにはいくつかのアプローチがあります。

    ゾーニングオプションの2つの主なグループは次のとおりです。

    不可逆的、これにはパーティション、表彰台、その他の構造物の取り付けによる深刻な修理と建設作業が含まれます。

    内部の不可逆的なデザイン

    リバーシブル、その使用はより安価です。デザインのアイデアを実現するために、スクリーン、カーテン、家具の配置変更の助けを借りた分離が使用されます。

    空間分割画面

    おもしろいでしょう。レビュー:2人と3人の異性愛者の子供のための子供部屋のデザイン - 240以上(写真)インテリアゾーニングのためのアイデア

    メニューに戻る↑

    多機能家具の使用

    標準的でおなじみの解決策は、折りたたみソファの使用と見なされます。日中はそのような家具は折り畳まれており、寝る前にそれは寝室に折り畳まれる。小さなアパートには便利です。狭い場所では、場所は合理的に使われるべきです。

    ベッドとしてソファを選ぶ

    正方形が許すならば、ゾーンへの分割はラックまたはキャビネットを使って行うことができます。

    メニューに戻る↑

    ゾーニングのための手段 - 仕上げ材

    異なる色の壁紙を使用することは、分離の一般的な方法です。各ゾーンには独自の色があります。この目的のために、対照的な陰影を使用して境界をはっきりと強調しています。

    分割ゾーンの壁紙

    他の選択肢は、仕上げ材料の様々な質感の使用である。それは寝室の居間の装飾的なプラスターおよび寝室の木のトリムである場合もある。

    同じ部屋で異なる素材を使う

    壁に加えて、天井の装飾、床の敷物、照明システムの構成は、スペースを分割するのに役立ちます。より明るい光は、寝室よりもリビングルームのエリアに提供されるべきです。

    おもしろいでしょう。レビュー:小さなリビングルームのインテリア:190+(写真)モダンなアイデア(家具、壁紙、ゾーニング)

    メニューに戻る↑

    軽量パーティションをインストールします。修理の有無にかかわらず?

    スペース境界はパーティションを使って達成できます。

    • 引き戸
    • 乾式壁;
    • スクリーン

    居間の寝室の有能なガラス挿入物

    部屋の中のそのような境界が厄介に見えないようにするために、材料の組み合わせ、ガラスインサート、およびよく整理された照明を使用することができる。

    メニューに戻る↑

    繊維 - 予算の選択肢の一つ

    布地は寝室を仕切るためによく使われます。カーテンは親密さを生み出すことができ、他の人々の見解からの信頼できる保護として役立つでしょう。カーテンの助けを借りて、それはリビングルームからベッドだけでなく、ベッドサイドテーブル、引き出しの胸、そしてワードローブを分離することが可能です。

    分離ファブリック

    カーテンシステムは、必要に応じてカーテンを動かすか、完全に取り外せるように構成する必要があります。

    おもしろいでしょう。概要:さまざまな機能の部屋用のラックの興味深い選択:220 +写真子供用、リビングルーム、バスルーム用の便利なゾーニング

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    壁:コントラスト

    寝室と居間の部屋の修理と分割に多くのお金が与えられていない場合は、さまざまな色の壁紙を優先することができます。美しく、元の写真の壁紙の助けを借りて選択を調べます。

    ベッドのアクセントのための写真の壁紙

    混乱しないためには、いくつかの重要な点を考慮する必要があります。

    • 小さな部屋の場合は、大きなものよりも小さなものをお勧めします。
    • 許容可能なオプション - 一般的な色域。
    • 滑らかな色の変化をまとめることが望ましい。
    • 小さい方が大きい方が望ましいです。

    おもしろいでしょう。概要:台所のダイニングエリア:ゾーニング、ライト、仕上げ。簡単なアイデアを使って選択しデザインする方法は? (170 +写真)

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    天井、ゾーンの割り当ての問題を解決

    小さなワンルームマンションで部屋をゾーニングするのは簡単な問題ではありません。分離を計画するときは、スペースを視覚的に拡大できるようにする手法を使用することをお勧めします。このための道具は天井のデザインです。

    部屋のゾーンのためのさまざまな照明の天井

    天井を使ってエリアをハイライトする方法:

    1. 断面絵画
    2. 石膏ボードの構造
    3. 天井灯の操作(シャンデリア、スポット照明)
    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    区切りとしての内閣:賛否両論

    キャビネットをスペース区切り文字として使用することは、長年使用されてきた古い手法です。それはあなたがしっかりとベッドを覆うだけではなく、物の保管場所に関する問題も解決することを可能にします。

    リビングルームと寝室のゾーニングのワードローブ

    さらに便利にするために、ボーダーゾーンの回転機構にテレビを固定することができます。テレビを回すと、テレビを見たり、ベッドに横になったり、リビングルームのソファに座ったりできます。

    ゾーン間のラックは、スペースの区画としても機能します。後壁付きのモデルと軽量の本棚がこれに適しています。分離はキャビネットの場合と同じで、機能的です。

    追加のストレージに最適なソリューション。

    ラックとクローゼットは部屋に煩わしさを感じさせるので、このようなゾーニングの方法は小さなアパートには適していません。↑メニューに戻る

    仕切り:空間の認識を変える

    石膏ボードの仕切りは、複雑な修理を必要としない簡単な分離方法です。プラスチックを使用すると、明るさが感じられます。

    仕切り用の丈夫な材料には利点があります。適切に設計すれば、ストレージシステムの編成に合わせて調整できます。この目的のために、本、ナックナック、および写真を配置することができる棚およびニッチの作成が考えられる。

    重要なもののためのデザイン

    仕切りのシステムは内部と結合されるべきです。照明を妨げたり、自由な通路を妨げたりしないでください。

    大面積のアパートのために、石膏ボードの仕切りは良い解決策になることができます。その助けを借りて、それは天井までずっと偽の壁を整理したり、低い構造に自分自身を制限することが可能です。

    石膏ボードの壁を低くすると、照明が明るくなり、通気性も損なわれません。高い壁がないとできない場合は、通路をアーチの形でまたはカーテンの助けを借りて整理することができます。

    低乾式壁工事

    インテリアソリューションの場合、乾式壁はデザインに最も便利な材料の1つです。デザインと色は両方のゾーンの内部と組み合わせる必要があります。それは望ましいサイズに切ることができるだけでなく、さまざまな種類の仕上げと組み合わせることもできます:

    • 壁紙
    • パテ
    • 絵画など
    長方形またはアーチ形の石膏ボードのアーチは、美しくオリジナルのように見えます。メニューに戻る↑メニューに戻る

    引き戸 - それはどのくらい快適ですか?

    平方センチメートルをなくさないためには、引き戸のシステムの助けを借りて部屋の分離を使用することができます。この場合、2つの独立したゾーンが編成されます。ドアを閉めた状態で、独立した部屋の印象を、そして開いた状態で - 単一のスペース。

    引き戸で省スペース

    このアプローチには欠点があります。部屋が狭くて長く、窓が1つしかない場合は、取り外し可能な部分に深刻な欠点、つまり自然光のレベルの低下が生じる可能性があります。あなたはすりガラスまたは段ボールのガラスのドアを使うことができます。そして、それは高い光伝導率を持っています、しかしあなたは寝室を隠すことができます。

    高品質のスライドシステムは高価です。

    スクリーンの助けを借りて、寝室や部屋の一部だけを他の家具と隔離することができます。この分離は高い移動性によって特徴付けられる - スクリーンは完全にまたは部分的に折り畳まれ、再配置され、開かれることができる。オリジナルと非標準は、部屋の全体的なデザインに対応して、色の仕切りのように見えます。

    画面では、任意のスペースを区切ることができます

    ロフトスタイルの場合、スペースを区切るこの方法は最も興味深いものの1つです。オリエンタルデザインに加えて、スクリーンは天然素材から選択されます。それらは鏡映し、塗装し、そしてその他の装飾を加えることができます。

    おもしろいでしょう。概要:トイレとバスルームのどちらが良いですか? 170選択可能なオプション(ガラス、プラスチック、スライド式)

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    カーテン - 予算の選択肢

    寝室を分離するためのシンプルであまり高価ではない方法 - カーテンの使用。これのために密な織物、および軽量の無重力チュールとして使用することができます。あなたはリビングルームとベッドルームの間のスムーズな移行として整理することができます、そしてシャープ。

    ゾーニングのオリジナルで非常に審美的な方法の1つ - ストリングカーテンの助けを借りて。単色またはすべての色で遊ぶ、そのようなカーテンは部屋を完全に変えて、それを新しいものにすることができます。

    ファスナーカーテンを整理するには、さまざまな方法があります。これを行うには、ラックシステム、ロッドのひさし、またはファンタジーが指示する方法を取り付けます。

    リビングルームからベッドルームの急激な分離

    カーテンを退屈で面白くないように見せる方法は?多くの材料が材料の選択を決めます。厚手のタペストリー生地は、信頼性の高い保護として機能し、薄く - 軽さの感覚を生み出します。

    選択された布は洗浄 - 洗濯およびアイロンがけに耐えなければならない。

    お互いに組み合わせた素材の美しい組み合わせです。これはアトラスやオーガンザにすることができます。カーテンは部屋のスタイルだけでなく、窓のカーテンにも対応することを考慮に入れる必要があります。

    布で作られたカーテンに加えて、デザインはそのような材料を含むかもしれません:

    • 竹;
    • ビーズ
    • スレッドやその他の装飾品

    部屋のインテリアにビーズでカーテンを通す

    おもしろいでしょう。概要:自分の手でキッチンのカーテンを縫う方法は? 70+スタイリッシュな写真のアイデア+レビュー

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    小さな部屋に複数のゾーンがあります:不可能は可能です

    ワンルームのアパートに住んでいるか、本格的なベッドルームとリビングルームを割り当てることができない人のために、ゾーニングは唯一の方法となります。固定パーティションを使用するゾーニングオプションを選択した場合、この分離は、変更を迅速に行うことができずに長年の運用に集中することに注意する必要があります。

    1部屋のアパートをラックでゾーンに分割

    家具のゾーニングに使用されるときの最高のプライバシーは、高いキャビネットと棚によって生み出されます。区別としてのカーテン - 予算とカーテンを頻繁に変えることができる簡単なオプション。気分を拾うか、時期によって異なります。

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    高い天井:この利点をどのように使用するのですか?

    あなたの部屋には高い天井がありますか?これは大きなプラスです。広いスペースの感覚に加えて、壁のかなりの高さはそれを可能にします第二の、中二階のレベルに寝室を配置することを可能にします。これを行うには、はしごでしっかりした土台を作ります。

    第2レベルで停泊地の作成

    デザインへのこのアプローチは創造的です。それは時々若者によって使用されます。しかし、それは広く普及していません。スペースを2つのレベルに分割するとき、仕上げの色または質感でベッドの割り当てはあまり目立ちません。

    そのような組織スペースの利点:

    • 使用可能領域の解放
    • 干渉のない一日の休息の可能性。
    • 追加のパーティション、スクリーン、カーテンは不要です。

    追加費用なしで良い焦点

    最上階にベッドを配置するには、慎重な照明と、床からだけでなく上からでもオンとオフを切り替える機能が必要です。メニューに戻る↑メニューに戻る

    色分解は簡単ですか、それとも難しいですか。

    部屋のスタイリッシュさは、インテリアの色と色合いの調和のとれた組み合わせに要件を課します。これは家具、アクセサリー、壁の装飾に適用されます。仕上げ材の相溶性が良いと、部屋全体のトーンが決まります。

    壁に合う家具

    1つの部屋を2つの部分に分割することは、各ゾーンのサイズが比較的小さくなることを意味します。したがって、非常に暗い色は破棄することが望ましいです。

    色分けする簡単な方法は、異なる色合いの壁紙を使用するか、または異なる色でペイントすることです。仕上げ時に濃い色を導入したい場合は、グレー、ブルー、バーガンディなどの色の壁を1つか2つだけ選択できます。

    部屋のコントラストのためのさまざまな壁の仕上げ

    同時に、パステルカラーがデザインで一般的になるはずです。

    • 甘いミント。
    • ベージュ
    • 白;
    • 水色など。

    花の接合部を魅力的に見せ、目を傷つけないようにする方法は?この目的のために、境界線に沿って建造物を設置することが可能である:仕切り、ラックまたはカーテンを配置する。

    部屋ゾーン間のソフトな移行

    ゾーニングが異なる色の壁紙で行われる場合、それらのスタイルは一方向に保たれるべきです。それはかもしれません:

    • 似たようなプリントのクラシック。
    • パターンと組み合わせたモノラル。
    • ストライプなどを組み合わせた古典的な飾り
    パターンのある壁紙を優先する場合は、壁の1つを印刷せずに残しておく必要があります。

    あまりにも彩度が高く、対照的な組み合わせでは、壁紙がすべての壁を占めるわけではなく、1つのみに配置されることがあります。同時に、明るい壁が部屋のアクセントになり、注目を集めます。

    壁に鮮やかなアクセント

    ゾーニングカラーはまだ様々な色合いの家具を使用することができます。たとえば、鮮やかな色調の明るい家具の寝室やリビングルームの選択 - パステル調。

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    ベッドやソファ?

    実際には、部屋の中で寝室と居間を組み合わせなければならない人は皆、ベッドを選ぶという難しい問題に直面していました。これは、フルベッド、ソファ、またはソファーベッドです。

    スペースを節約するためのリビングルーム - ベッドルームのソファ

    レイアウトされたソファ - 伝統とすでに慣習的な決定になっています。しかし、それは本当にそれほど良いのでしょうか。

    そのようなモデルには多くの欠点があります。

    • 毎日ソファをレイアウトして折りたたみ、ベッドリネンを集める必要がある。
    • ソファの睡眠の快適さはベッドのそれよりも低い。
    部屋の面積が小さくない場合は、ベッドの下のスペースを割り当てることが非常に望ましいでしょう。

    リビングルームの一部には快適なソファになります。スペースが小さければ、伝統的な席は放棄する必要があります。

    最良の解決策としてのソファベッド

    おもしろいでしょう。レビュー:Beautiful Corner Living Rooms - 215以上の最高のフォトソリューションスペースを節約する(食器棚、暖炉、ソファ)

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    追加領域としてのロッジア

    十分に広いロッジアを断熱すると、部屋からベッドを作る機会が得られます。この場合、壁はゾーニングツールとして機能します。追加の材料を使用する必要はありません。

    ロッジアのベッド

    重要な点は、旧ロジアの品質の絶縁と関連組織における再開発の登録です。この方法では、部屋のスペースを節約できます。部屋のスペースは、リビングルームに完全に割り当てられています。

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    家具の配置:間違いを避ける方法

    最初の段階で、どのような家具が居間にどれを置くか、そしてどれを寝室に置くかを決める必要があります。寝室には、サイドテーブル付きのスタンダードベッドを選ぶことができます。リビングルームには、ソファ、アームチェア、通常のワードローブ、またはワードローブ、本棚、または棚が必要です。テレビ、コンピュータ、プリンタ、ラジオ - これは技術になります。

    そのような部屋のための家具の標準配置

    家具もセパレーターの役割を果たすことができます。内部のこの役割は頻繁に高いヘッドボードか棚付けをする。そして最も徹底的なゾーニングは普通のワードローブかワードローブをあげることができます。

    この場合、書棚仕切りはしばしば居間の横を向いて展開され、寝室の方向に服を保管します。代わりは多数の棚が付いている石膏ボードの仕切りである。本棚が後壁のないラックの形で作られている場合、リビングルームからも寝室からも使用するのが便利です。

    スペースを分割する石膏ボード構造

    アカウント上の文字通りすべてのセンチメートルの2つのゾーンの編成以来、あなたはスペースを節約するためにデザインテクニックを使うことができます:

    • 書棚とベッドサイドテーブルの代わりに壁棚があります。
    • 壁掛け式テレビを回転式ブラケットに掛けます。
    • 家具の変圧器を優先します。

    スペースに余裕があり、部屋の家具がそれほど多くない場合は、区切り記号の役割をテーブルにも割り当てることができます。しかし、小さな領域では、この手法は機能しません。

    小部屋用家具トランス

    部屋の珍しくてとても美しい部分は、美しい高い台座の上の大きな水槽、バーまたは大きな屋内植物になります。

    おもしろいでしょう。レビュー:リビングルームと組み合わせたキッチンのインテリア(180枚以上の写真):デザインのトリックと配置の秘密

    メニューに戻る↑メニューに戻る↑

    宇宙の組織化への提言

    寝室の面積とリビングルームをどのように分けるかを決めることから始めて、あなたはこれらの勧告を守らなければなりません:

    • ベッドが出入り口から目を引かないように寝室のエリアをハイライトすることが望ましい。
    • 寝室は自然光があるはずです。
    • リビングルームのスペースは、通常、部屋の中央部分にまとめられています。
    • 部屋は家具でいっぱいになってはいけません。
    • プライバシーが重要ではない場合は、停泊場所が表彰台に割り当てられている場合は、階の高さを変えてゾーニングを行うことができます。
    • 非常に狭い部屋の場合は、折りたたみ式の家具を使用することになります。
    • リビングルームの面積は職場や小さなコンピュータデスクの設置と組み合わせることができます。
    • 統合されたローカル照明はセントラルよりも好ましいです。
    • 家具も同じスタイルにしなければなりません。
    • インテリアは多機能でコンパクトなアイテムであるべきです。
    • リビングルームはドアの近くに配置する必要があります。
    • 付属品の数はスペースを散らばらないように最小限であるべきです。
    • 窓の下にはベッドを置いたほうがいいです。
    • ゾーンごとに別々の照明システムを用意する必要があります。これは、部屋に複数の人が住んでいる場合に特に重要です。
    • 寝室の面積は通り過ぎてはいけません。
    • ワードローブやワードローブがベッドでそのエリアに入ると便利です。

    専門家のアドバイスに耳を傾ける。

    余分な家具があるとどうなりますか?決してそれを絞らないようにしてください。不適切なアイテムをコテージに持っていくか、それらをデポジットしてください。

    ビデオ:一部屋に居間と寝室がある場合

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send