デコレーション

家の屋根は何ですか?材料、塗装、断熱材 - 段階的テクノロジーワーク

屋根も家の構造において重要であると考えられています。それは支持構造の数を意味し、それ故に多くの要件を満たさなければならない:強く、信頼性があり、耐久性があり、十分に断熱され、良好な断熱性と防音性を有する。どの屋根を選ぶか - 貧しい住宅所有者の特権ここでの主なことは、選択を間違えないことです。屋根はその形態として耐火性でなければなりません。

<>

住宅用のプロジェクトを作成する前に、これらの要件を簡単に満たすことができるようにするには、事前にフォームを選択し、高さを計算し、その建設に適した材料を選択する必要があります。

どんな形がありますか?

屋根ふきの形態にはいくつかの種類があります。 選択はデザイン機能に基づいているべきです:

カスタムおよび複雑な屋根形状

  • シングルバー。高さが異なる2つの外壁にある1つの屋根面。それは別荘(小屋)とガレージに使用されます。
  • 切妻。それは2つの平面を持ち、それは最初の場合のように、2つの外壁構造に頼るが、同じ高さである。平面は互いに一定の角度で投影されます。
  • ヒップ。それは三角形の形で正面からの斜面を持っています。側壁も三角形のみ台形または台形に似ています。
  • 半硬化。 2つのランプで構成されています。前面の表面は三角形です。
  • 壊れた。非常に複雑な屋根モデル斜面の下には三角形があり、頂部ではつながっていて、常に鈍角になっています。
  • ヒップ。困難もない。これは、同じサイズの4つの斜面を持つ四角形のデザインです。
  • 十字形。家が複雑な形をしているときに使用されます。このタイプの計算とプロジェクトを実行するには、エンジニアを設計する必要があります。これは、屋根の十字形の形状がこすり機械の計算および設置を可能にするという事実によって説明される。デザインにそれらを配置することが重要です。そうでなければ、コースは避けることができません。

多様なデータ設計

屋根の多くの形態があります。ここでは、フォームを選択するだけでなく、屋根のデザインを正しく計算することを学ぶ必要があります。そのときだけ、屋根はそれに割り当てられた機能を実行します。

メニューに戻る↑

高さを計算する必要があるのはなぜですか?

屋根は最も頻繁に天候の影響にさらされている家の一部です。 誤って選択された傾斜角、そしてそれに応じて高さがあると、危険は強い風と降水の影響によるものであり、その完全性は妥協されるであろう。我々は問題を解決するために屋根を修理しなければならない - これはせいぜいである。最悪の場合、あなたは最初からそれを構築しなければなりません。

あなたの家をユニークにしますか

メニューに戻る↑

身長インジケーターの役割

プロジェクトを作成するときに標準を無視することはできません。建設の信頼性とそこに住む人々の健康はそれにかかっています。 以下は、上記の正当性と、家の建設における屋根の高さの正確な計算の重要性を完全に確認できるいくつかの引数です。

  • 信頼性と耐久性適切に計算され選択された高さは、屋根が外部の、天候の影響、増加した負荷に対する抵抗、例えば屋根ふき材、断熱材に対して耐性があることを可能にするだろう。
  • 美学外観は重要な役割を果たします。その高さが家のデザインと一致しない場合、そのような屋根は審美的に快適には見えません。
  • 利便性正しい高さであなたは屋根裏部屋を作ることができます。

家のこの部分も同様に重要です。

最も高い点は尾根と呼ばれます。これは屋根のすべての傾斜面が接続する点です。その高さが誤って選択された場合、屋根は家の主人が計算された期間には役立たないという危険性があります。尾根の高さのパラメータは厳密に技術的なプロセスに従わなければなりません。